売れている

オペレーター

最近は本が売れなくなったと言われますが、マンガの単行本やマンガ雑誌には数百万部発行されているものも珍しくありません。マンガの新人賞はほぼ雑誌ごとに存在しており、それだけ才能のある若いマンガ家を求めるニーズは多いと言えます。 そういったニーズ、及び、漫画家になりたいという人の要求に応えるため、最近は漫画の描き方を専門的に学ぶ専門学校が存在します。専門学校でどのようなことを教えているのかというと、基礎的な漫画の描き方だけではなく、漫画家になりたいという人には、絵はうまく描くことが出来るものの、話をどうやって作ったらいいのかわからないという人も少なくないので、ストーリー、そしてキャラクターの作り方を教えています。

では、専門学校でマンガについて教えている人にはどのような人がいるのかというと、たとえばフリーの編集者がいます。編集者というのは本を作るにあたって、企画を立てて、実際に本を書く筆者、本に載せる写真を撮るカメラマン、装丁のデザインなどを行うデザイナーといった人たちに声をかける人です。 マンガにかかわる編集者の場合、どんなストーリーが受けるかを提案したり、あるいは漫画家が描いた話を読んでアドバイスを行ったりします。 また、当然、漫画家も専門学校で教えることがあります。マンガは絵画と違ってコマ割りをしたり、あるいは効果線と呼ばれるものを描いたりと、絵を描く以外の技術も必要になるので、そういったことを教えるのです。