学べること

声優勉強中

マンガの専門学校は、漫画家を目指す人にとって一番手っ取り早く基礎技術と知識を習得できる場所です。漫画家や漫画雑誌編集者を経験した人たちが講師陣に入っているので、彼らの経験から裏打ちされた技術、経験を学ぶことができます。学び方には漫画家のアシスタントに就く、独学とありますが、経験者の講師から学ぶことは、実際に読者や編集者に伝わる画面の見せ方や話の持っていき方など、生きた講義を受けられるメリットがあります。マンガを描くということは、人物描画、風景、遠近法など絵画の基礎のほか、ストーリーを作るための構成力やコマ割りのセンスなども必要になります。不自然なデッサン、一人よがりなストーリー、読みにくいコマ割りなどの荒い部分を指摘してもらい、細かいアドバイスを受けられるのも専門学校のメリットです。また、業界へのパイプが膨大で情報がすぐ入る上、同じ志を持つ人達と切磋琢磨することで刺激されスキルアップに繋がります。

最近は紙媒体での出版が減り、電子書籍化が急速に進んでいます。漫画もまた然り、大手出版社は軒並み漫画のマンガの全書籍を進めており、漫画家にもデジタル化を推奨する動きが加速しています。この流れからマンガの専門学校では、講義にコミックスタジオやイラストレーター等の描画ソフトでの漫画を書く技術を習得させる講義が設けられています。プロ漫画家の描画ソフトでの製作が増えており、アシスタントに入るのであれば、描画ソフトでの作成知識を最低限持ちあわせてほしいという要望もあることから、その講義の必要性はこの先更に高くなっています。 その為、マンガの専門学校は、紙媒体での漫画の描き方とデジタルでの描き方と両方の講義を設けることが必須になり、学ぶことが容易になっています。